30trena.com

胃潰瘍について考える

胃潰瘍について考える

胃潰瘍について考える 胃潰瘍は、胃や、十二指腸の粘膜は、強い酸性の胃酸や消化酵素を含んでいる胃液にさらされているので、粘膜が傷つかないようにするための仕組みを持っているのですが、ピロリ菌などのによって、粘膜が傷つくことによって、胃や十二指腸の粘膜の組織の一部がなくなってしまう病気です。胃に穴が開くというのはこのことです。

胃に穴が開いてまうので、もちろん、胃の痛みや深いな症状を感じたりしてしまい、さらに病状が悪化してしまうと、出欠が起こったりしてしまいます。大体の場合は薬の服用などで改善することはできますが、早期発見が必要です。

また、この病気を改善させるためには、生活習慣の改善も必要です。規則正しい生活に加えて、食生活の改善も必要です。一番いいのは、消化にいいものを食べることです。脂っこいものなどは、胃酸を増やしてしまいますので、注意が必要です。辛いものなども気を付けなくてはいけません。また胃はストレスと密接な関係がありますので、ストレスを溜めこまないようにしなくてはなりません。サラリーマンなどがこの病気になってしまう原因は、会社などでのストレスが原因になってしまっているからです。あとは喫煙もよくないので、禁煙を心がけましょう。

Copyright (C)2015胃潰瘍について考える.All rights reserved.